ホーム 医院紹介 診療時間・地図 診療案内 消化器検査
各検査は平日はもちろん 土曜日も行います。
上部内視鏡検査 大腸内視鏡検査 腹部超音波検査
 
上部内視鏡検査
上部内視鏡


胃カメラ検査

 
胃のみならず食道、十二指腸下降脚までの観察が詳細に確認出来て、胃のレントゲン検査に比し診断能力が高いことや、レントゲン被爆、体位 変換、バリウム排泄などの問題がないため、今や上部消化管検査の主要な標準的検査法として多くの人に受け入れられている検査法です。内視鏡分野では技術開発も進み、患者さんにとっての検査時の苦痛も軽減されてきています。

 最近では、わずか5mmの太さの内視鏡を使って経鼻的に挿入する経鼻内視鏡は舌根刺激反射が無くなることで検査時の苦痛をかなり軽減できることで注目を浴びています。 
当院においても経鼻内視鏡を備え、かなりの好評を得ています。
以前内視鏡検査をして検査中「おぇ〜っ」と苦しんだ方には、おすすめする方法です。

■ 上部内視鏡検査(経口、経鼻)
検査時間 診察
時間内
検 査 条 件
午前・昼 毎日 前日夜9時以降の食事はしないでください(水分は可)
午後 毎日 当日朝8時までの食事は可
(水分は随時可)
事前の検査予約も受け付けます。tel.018-862-2575

大腸内視鏡検査
内視鏡システム

 大腸癌による死亡者数は年々増加の一途をたどり、近い将来消化器がんの中で第1位 となると予想されています。大腸癌は早期に発見することにより、救命できる可能性が高くなるだけでなく、外科手術に比べ低侵襲的な内視鏡治療で治癒する可能性のある疾患でもあります。
内視鏡による大腸検査は、大腸の病気を診断するうえで、最も良い方法でありますが、検査や前処置が複雑で面 倒と敬遠される傾向にあるのが実情です。
しかし、内視鏡の改良や技術の進歩で、今や一般的な検査になっております。面倒くさがらずに自分を知ることが健康の第一歩と考えております。
苦痛軽減のため、検査時には医療用炭酸ガスを使用して腹部膨満
を抑えております。また、ご希望によって鎮静麻酔下検査も行っております。


 日帰りポリープ切除も行います。  詳細は来院時にご質問ください。  ネット予約(検査日指定)できます。 ただし2日前までに事前説明を受けに御来院して下さい。 http://www.onaka-kenko.com/endoscopic-therapy/ep_06.html へのリンク

検 査 時 間 検 査 条 件
毎日実施
(事前予約が必要です)
前日は素食にて
夜9時までに食事済ませ、
海草類やキノコ、繊維の多い野菜と種のある果物は摂らないでください。
(大腸検査用の食事も用意しております。)

腹部超音波検査

 画像診断法が急速に進歩し、鮮明な画像を描出できるようになった。放射線被爆の問題もなく、肉体的な苦痛を与えることなく有用な診断情報が得られることから超音波検査は様々な分野で普及し、消化器臨床家においては欠かすことの出来ないアイテムとなっている。とくに肝臓、胆道、膵臓の検査では大いに威力を発揮します。http://www.hitachi-aloka.co.jp/products/ultrasonic/arietta60/arietta60.html へのリンク

検 査 時 間 検 査 条 件
診療時間内で随時行います。
(予約不要)
空腹が望ましい。
超音波システム
▲このページのトップへ