診療案内

生活習慣病とは

生活習慣病は、「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、 その発症・進行に関与する疾患群」のことを指しており、 例えば以下のような疾患が含まれるとされています。

生活習慣病 疾患
食 習 慣 インスリン非依存糖尿病、肥満、高脂血症(家族性のものを除く)、高尿酸血症、循環器病(先天性のものを除く)、大腸がん(家族性のものを除く)、歯周病等
運動習慣 インスリン非依存糖尿病、肥満、高脂血症(家族性のものを除く)、高血圧症等
喫  煙 肺扁平上皮がん、循環器病(先天性のものを除く)、慢性気管支炎、肺気腫、歯周病等
飲  酒 アルコール性肝疾患等

血圧

血圧が高い状態が続くと、血管は張りつめた状態に長くおかれるため、次第に厚く硬くなり、血管本来のしなやかさを失ってもろくなってしまいます(動脈硬化)。 自覚がないまま動脈硬化は進行し、やがて循環器病(脳卒中や心疾患など)を引き起こしやすくなるのです。これが血圧が高いと注意が必要な理由です。

診察室血圧 家庭血圧

心血管系検査

血管の状態を調べる検査

  • 脈波図
  • 頸動脈エコー

心臓の機能を調べる検査

  • 心電図
  • 24時間ホルター心電計
  • 24時間血圧測定器

脂質異常

年齢を重ねるにつれ、血管はだんだんしなやかさを失い、徐々に硬くなっていきます(動脈硬化)。誰しもある程度の動脈硬化を避けることはできませんが、血液中の脂質のバランスが崩れていると、動脈硬化が非常に早く進みます。動脈硬化は自覚症状がないまま進行し、ある日突然脳卒中や心筋梗塞などの命に関わる病気を引き起こします。

心筋梗塞のリスク

コレステロール

LDLコレステロールとHDLコレステロールって何?

意外かもしれませんが、1日に食事からとるコレステロールの量は1グラムにもなりません。実際、血中のコレステロールの大部分は肝臓で合成されたものなのです。肝臓でつくられたコレステロールは血中へ出てきて全身へ送られ細胞膜やホルモンなどをつくる材料として使われます。

しかし血中のコレステロールが必要以上に多くなると、余分なコレステロールが動脈の血管の内側にたまって「こぶ」のようなものをつくります。これが動脈硬化(アテローム性動脈硬化)とよばれる状態です。

一方、逆に血管から肝臓へ向かうコレステロールもあり、これが多いと血管にコレステロールがたまりにくくなるので動脈硬化は進みにくくなります。実は血管へ向かうコレステロールをLDLコレステロール、肝臓へ向かうコレステロールをHDLコレステロールとよんでいます。

わかりやすくするためにLDLコレステロールを悪玉コレステロール、HDLコレステロールを善玉コレステロールという場合もありますが、コレステロールの種類が違うわけではありません。

中性脂肪

中性脂肪(トリグリセライド)はグリセリン(モノグリセライド)に3つの脂肪酸がくっついてできています。コレステロールがからだを構成するための材料として使われるのに対して、からだを動かすための燃料のような役割を果たしています。

からだを動かすときにまず使われるエネルギー源(燃料)は血糖なのですが、中性脂肪は血糖に次ぐ予備燃料のような役割を果たしています。食事からとる脂肪のほとんどはこの中性脂肪になります。肉の脂身など通常頭に思い浮かぶ油脂はほとんどが中性脂肪です。

したがって食後には血中レベルが高くなり空腹で採血しないと正しい値が測定できません。また、通常中性脂肪が高い人はHDLコレステロールが低いという現象がよくみられます。

脂質異常の検査

動脈硬化の検査

  • 脈波図
  • 頸動脈エコー

血中の脂質検査

  • LDLコレステロール
  • HDLコレステロール
  • 中性脂肪

    (いずれも迅速検査が可能)

血糖値

私たちの細胞が生きていくためには、エネルギー源としてブドウ糖が不可欠です。血液中のブドウ糖の濃度を血糖値といいます。この貴重なブドウ糖を各細胞にうまく配分していくために、インスリンなどのホルモンが調整役を担っています。肥満や運動不足の場合には、インスリンの働きが悪くなるため、血糖値が高くなります。また、加齢や体質によりすい臓からのインスリンの分泌力が弱くなると、太っていなくても血糖値が高くなることがあります。

※表は横にスクロールできます。

診断結果
空腹時血糖(mg/dL) HbA1c(NGSP)(%)
異常

正常
受診勧奨判定値を超えるレベル 126~ 6.5~
保健指導判定値を超えるレベル 110~125 6.0~6.4
100~109 5.6~5.9
基準範囲内 〜99 〜5.5

糖尿病の合併症

糖尿病の合併症には、大きく分けて「細い血管が傷ついて起こる病気」と「太い血管が傷ついて起こる病気」があります。

細い血管の病気には、手足のしびれや感覚が鈍くなるなどの症状がみられる「糖尿病性神経障害」、腎臓の働きが悪くなる「糖尿病性腎症」、目の中の血管が傷ついて視力が落ちる「糖尿病性網膜症」があり、これらを糖尿病の「3大合併症」といいます

太い血管の病気には、「脳卒中」や「心筋梗塞」などがあります。糖尿病の場合、「一度心筋梗塞を起こしたことがある人」と同じくらい心筋梗塞を起こしやすいというデータもあります。

ほかにも、肺炎や歯周病、皮膚炎なども起こりやすくなり、最近の研究では、がんや認知症とも関連があることがわかってきました。

糖尿病

糖尿病の検査

血液検査

  • 血糖値
  • HbA1c
  • 尿検査

がん

がんは1981年に脳血管疾患を抜いて日本人の死因の第一位となりその後も増え続けています。最近では、一生のうち2人に1人(男性の60%、女性の45%)が、がんにかかり、3人に1人ががんで亡くなるという、国民にとって大変重要な病気となっています。

かかる方が多いがん

1位 2位 3位 4位 5位
男性 大腸 前立腺 肝臓
女性 乳房 大腸 子宮
男女計 大腸 乳房 前立腺

消化器がん検査

内視鏡検査

  • 食道 胃 十二指腸の観察
  • 大腸の観察

腹部超音波検査

  • 主に肝臓 膵臓 胆道系の観察

胸部X線

胸部X線検査は、Bone Suppression画像(ミノルタ製)を導入しています。オリジナルの胸部画像から、肺野内の助骨および鎖骨の信号を減弱する画像技術です。

助骨、鎖骨と重なった病変の見落としを防止する効果があります。

肋骨減弱処理の図

Bone Suppression処理の活用法を動画で公開中!